« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月26日 (土)

その後。

昨日書いた記事のその後です。
普段ずけずけと言うくせに肝心な時はうじうじする私の性格を知ってか知らずか、何人かの友人がコメントの他メールもくださいました。
本当にありがとうございます。
人からの好意を素直に受け取れない自分がすっごく嫌でへこんでました。
でもそれは向こうのミスだ!と私のかわりに怒ってくれた友人のおかげで救われた気持ちにもなりました。
旦那は「むこうの好意なんだからいいんちゃうの?」という意見だけど、それはそれで「そうだよなぁ。」と思えたし良かった。
んーーー。
あたし本当に文章が下手やから上手く伝わらないよねぇsweat02

で、本題なんやけど。
今朝メールをくれたお友達の後押しがあり、思い切って電話してみました。
(たかが電話するだけでおおげさだろって思わないでぇ(笑))
わざわざ角の立たないセリフまで考えてくれた彼女は本当にすごいです。
向こうの方が言うには、本来お客様から要望がなければほくろやあざや怪我の補正はしないとのことでした。
じゃあなんでしたんや〜!って思わず心の中でつっこんでしまった(笑)
以前に、写真の加工はしてくれて当たり前と思っているお客様が何人かいらっしゃったためにこういうことになったとも言ってました。
まぁ、それは今回の件とはあんまり関係ない気もするんだけど。
普通は勝手に加工することはないらしいので、今回は本当に向こうの注意ミスだそうです。
あれから色々考えたけど、顔のあざを消しますか?って向こうから聞くのって難しいことだと思うんよね。
聞き方は色々あるだろうけどね。
まぁだからこそ勝手に補正したりしないんだろうけど。
結局今届いてる写真を送り返して新しく加工していない写真を送ることを提案されたんだけど、写真は高知の実家に送ってしまってるし旦那のお母さんに迷惑かけるのが嫌なので、あたしが持っているデータCDだけ交換してもらうことにしました。
じゃあ折り返し製作部門の方から電話があり、いま持っているデータも写真もそのまま受け取ってもらって新しいデータと写真を送りますと言ってくれました。
せっかくの好意で補正してくれたのに申し訳ないと言うと、不快な思いをさせてしまって本当にすみませんでしたと丁寧に謝罪してくださいました。

どうしようかと一週間以上モヤモヤしてたけど、本当にすっきりしました。
てかそんなに悩むならさっさと電話したらいいやんって皆思うだろうなぁ…。アハ。
娘が大きくなったら、あざが消えたらこんな顔になるんやで〜って見せてあげようと思います。
あざのない写真なんてそれしかないからある意味貴重だと思おう。
いつか本当にあざが消えるよう、娘にはこれからも治療頑張ってもらいます。

心配してくださった皆様本当にありがとうございました。
そして、嫌な思いをさせてしまって本当にごめんなさい。




2009年12月25日 (金)

複雑な心境。

先月、娘の一歳の記念写真を撮りに行きました。
その日は特に機嫌が悪くて、着替え始めただけで大号泣。
途中で一回授乳した結果寝てしまい、撮影終了まで4時間かかりました。
なかなかいい写真が撮れてなくて、数枚だけ奇跡的に立っている写真があったのでそれを選びました。
もちろん表情は真顔です。
笑った写真があれば本当に良かったんだけどなぁ。
あれだけ不機嫌な中で泣いてない写真があっただけでいいか。
カメラマンさんも一生懸命あやしながら本当に頑張って撮ってくださいました。

問題はここから…。
先週その写真が出来上がり自宅に届きました。
大きい写真はやっぱり迫力あっていいです。
でも何か違和感。
じーっと写真見てると、旦那が真っ先に気づきました。
目元のあざが加工されて消えてました。
え…。
めちゃくちゃ複雑な心境になりました。
消してほしいとは一言も言ってないし、むこうから消しましょうか?と聞かれてもない。
確かに消えてほしいからレーザー治療にも通ってるし、あざなんてない方がもちろんいい。
でも加工して消すのは何か違う気がする。
恥ずかしいと思ったことなんて一度もないし、今現在あざがある娘の顔が真実。
すっごくすっごくモヤモヤしました。
写真屋さんの詳しいシステムはあたしもよく知らない。
だから自分なりに考えてみた。
娘のあざは赤いからよく怪我と間違われる。
きっと怪我と思って、記念写真だし消してあげようと思ったんだろう。
女の子だし怪我のある顔の写真が残ってはかわいそうだと。
怪我の場合はきっと聞かずに加工するんだと。
んーーーー。
でもやっぱりあたしは、怪我と思ったとしても一言聞いてほしかったなぁ。

これを読んだほとんどの人は「よかれと思ってしてくれたことなんだし気持ちよく受け取ったらいいじゃないか」と思うんだと思う。
もちろんいい写真を撮ってもらって感謝してるし決して怒りはないし、キレイに加工してくれたんだとありがたく思う気持ちはある。
でも、親心は複雑なんです。
「別に消してくれなくても良かったんだけどな…」と思う気持ちは消えないなぁ。

もちろん写真は本当に可愛いです。
ヤバいです。
チョー親ばかですけど~。

※アルバムには待ち受け用にもらった加工前の写真をUPしてます。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »